Categories
Archives
Links
Others
rss
atom
みんなのブログポータル JUGEM
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
ホークス、2017CS突破!

やりました!!!!

 

ホント苦しい戦いでした。

イーグルスは今年パリーグで最も長い間首位に立っていただけあって、

打線はどこからでも点が取れるし、ウィーラーやアマダーなど一発も打てる

塩見や辛島などエース級以外の先発投手も良くリリーフ陣も盤石。

今年ホークスを最も苦しめたチームでした。

 

ホークスは近年こそ秋の風物詩を脱した感がありますが

そこに至るまでに長く苦しい悪夢の歴史があります。

今年と同じくシーズンで圧倒的な勝ち星を挙げながらCSで足を掬われたこともありました。

良い思い出よりも悪い思い出ばかりが胸に刻まれてゆくホークスファン。

今年の戦いも、2戦目まではそういった雰囲気がありました。

 

それを払拭したのが、ホークス最大の長所である「層の厚さ」、そして

大胆な入れ替えによりその層の厚さを活かした工藤監督の采配にあると思います。

 

まずは1戦ずつ振り返りましょう。

 

 

第1戦 10/18 2-3● 東浜VS塩見

 

立ち上がりから硬さが見える東浜。その初っ端から茂木に先頭打者本塁打を許すと、更に2本のソロを打たれ3点を背負う。

ホークスも今宮と内川にソロが飛び出すが打線に繋がりを欠き、塩見を攻略できず。

 

 

第2戦 10/19 1-2● 千賀VS辛島

 

左打者対策で1番に入った川島だが、不慣れな右翼守備で打球を後逸。今日も初回に先制を許す。

それ以降は7回途中まで嶋の適時打1本に抑えた千賀だが、辛島の前に今日も繋がらない打線。

内川が2戦連続のソロを放つが楽天の必勝リレーの前に沈黙。2連敗を喫する。

 

 

第3戦 10/20 7-5〇 和田VS則本

 

ここで工藤監督が動く。城所を2番に据え、4番の内川と6番の松田以外の打順を入れ替え。長谷川や本多もスタメン入り。

その城所が攻守に活躍しムードを一変させる。この日も初回に失点したが、その直後にデスパイネと松田に適時打が飛び出す。

更に逆転を許した3回裏には内川が3戦連発となる逆転3ラン。このシリーズ初めてホークスが優位に立つ。

しかし、この日は先発和田が不調。先制、逆転を許し、5回まで引っ張るもアマダーに同点2ランを許す。

それでも自慢のリリーフ陣が同点で粘ると、8回裏、不振にあえいでいた中村が決勝の2ランを放つ。

デスパイネ・松田・中村と当たっていなかった選手に一本出たことで、ここからホークスの勢いが劇的に変わる。

 

 

第4戦 10/21 4-3〇 バンデンハークVS岸

 

この試合のみリアルタイム観戦できず。

前日の流れを受け継いだか、不調だった長谷川が芸術的流し打ちで先制打。シリーズ初めてホークスが先制する。

3回にはデスパイネが岸からHR。

楽天も4、5回に3点を奪い逆転するが、6回に内川がこの回から上がった宋を捉え、史上初CS4戦連続の本塁打を放ち同点。

その直後に中村が完全復活の2戦連続本塁打を放ち鮮やかに逆転。

この日もホークス中継ぎ陣は楽天に1点も与えず、最後は8回2死からサファテが登場。回跨ぎで勝利を決めた。

 

 

第5戦 10/22 7-0〇 武田VS美馬

 

遅れてきた千両役者・柳田が「1番・中堅」で電撃復帰。

その最初の打席に内野安打で出ると、相手バッテリーの僅かな隙を見て三進。内川の先制犠飛を呼び込むと、松田も2点二塁打で続く。

4回にはその松田がシリーズ初本塁打。二死後に柳田が適時打を放つ。

投げては先発武田が運にも恵まれながら7回5安打無失点と今季一番の投球を見せ、8回は岩嵜がやや疲労の色を見せつつも無失点。

最終回は森・サファテの「仲良しコンビ」が締め、日本シリーズ進出を決めた。

 

 

 

やはり鍵となったのは第3戦。

前任の王監督や秋山監督はスタメンをあまり動かさない監督でしたが、工藤監督は思い切って変えてきました。

その中でも、今季2試合しか出場のない城所をいきなりスタメンに起用してくる大胆さ。

工藤監督は昨年城所をスタメン起用して覚醒させ、交流戦MVPに導いた実績があるとはいえ、2連敗した状況でそれを実行する勇気(しかも相手は則本)。

そして城所もチームの潤滑油となったのか、自身だけでなく周りの選手までも目覚めさせてしまう。

この勝利で一気にホークスの重苦しい空気が振り払われた感じがします。

私自身も含め「則本・岸が出てくる第3・4戦目までに勝たないとマズイ」と思われていたのが、まさかの真逆の形に。

いやはや、恐れ入りました工藤さん。

 

 

MVPは4戦連続本塁打の内川が文句なしの受賞でしたが、全員の力が結集してこそのCS突破でした。

2戦目までの重苦しい空気を「馬鹿になって野球をやろう」と原点に立ち返らせた工藤監督。

CS初戦に敗れたチームの突破率0%」という報道も、選手たちに火をつけた模様。

覆してやりましたよ。ジンクスを。作ってやりましたよ。前例を。

硬さが取れ、持ち前の明るさが戻ったホークスは、やっぱり強い。

まだ相手がどこになるか分かりませんけど、日本シリーズもホークスらしい野球ができれば、

必ず栄冠は鷹に輝くと信じています。

| MAGAS | baseball | comments(0) | trackbacks(0) |
ホークス2017シーズン前半終了

前回記事:http://mgs-14.jugem.jp/?eid=410

 

 

野手

 

高田:今宮のバックアップができる点で二塁手争い一歩リードか。打撃面も成長。

内川:故障がありながら打率3割は立派だが、復帰後は微妙。まずは状態を整えたい。

今宮:打率.280を残し打撃面でも大きく飛躍。理想の2番打者へ近づいている。

松田:好不調の波が激しい。ここ一番の爆発力はあるので再点火を待ちたい。

川島:一軍の二塁手で唯一の右打者なので希少価値はある。対左投手で結果を残したい。

吉村:調子の波が激しいので出場機会も減っているが、代打要員としてまだ働きどころはある・・・はず。

中村晃:やや物足りなさが目立つが打線の火付け役として重要。オールスター休みでリフレッシュを。

明石:こちらも少々物足りない。二塁手の中で打力は随一なので奮起に期待したい。

柳田:文句なし!「穏やかな心」で驚弾連発、三冠王・トリプルスリーへ向けて突っ走って欲しい。

高谷:ベテラン担当捕手。後半戦も甲斐と共に投手陣を支えて欲しい。

城所:1試合だけ出たらしいが今年は出場機会が激減。キドコロ二軍待機中・・・?

長谷川:スタメンでも代打でも結果が残せず苦しい年。このままでは・・・。

ジェンセン:いきなりの150m弾は度胆を抜かれたがその後は・・・。変化球に対応できれば化けるかも。

栗原:プロ初出場、初打席を経験し一軍の空気を味わった。斐紹、九鬼らとともに将来に期待。

鶴岡:第三捕手。一応打ってはいるが彼を捕手への代打で使うのはどうなんだろう?

牧原:二塁手争いの中ではやや影が薄い。足という武器があるのでもっとアピールしたい。

福田:基本は代走・守備の人だが西武戦で逆転サヨナラ2ランなど時折キラリと光る活躍も。

江川:プロ初の4番に座るなど結果を出した事もあったが相変わらず長続きしない。

本多:かつてのレギュラー二塁手も徐々に立場が苦しく。守備だけは錆びついてないのでそこは期待。

上林:結果を残しつつ、課題も残しつつなシーズン。とはいえ、レギュラー獲りへ着実な一歩。

川:メジャー流もいいが、結果を見る限りそろそろ日本野球への適応を。

デスパイネ:欲しい所で一発打ってくれる事が多く、勝利への貢献度は高い。モイネロの精神的支柱でもある?

釜元:期待のスピードスターだが、やや肩に難ありか?

甲斐:驚異的な強肩と、パンチ力ある打撃がついに開花。リード面を更に鍛えて正捕手へ。

 

 

 

| MAGAS | baseball | comments(0) | trackbacks(0) |
ホークス2017シーズン前半終了

昨日でホークスの今季前半戦が終了。

楽天戦2連戦は残念ながら連敗し1.5ゲーム差の2位。残り試合数も楽天の方が8多いので、もうしばらくは楽天の背中を追い続ける展開になりそうですが・・・。

これだけ怪我人を出しておきながら3位には7ゲームも差をつけているのですから、ホークスの選手層の厚さを示した結果といえるのかもしれません。

 

とりあえず、ここまでで一軍出場のある選手たちの個人的評価を一言で書いていきたいと思います。

 

投手

 

中田:安定感の無さは相変わらず。ホークスだから5勝5敗で留まってるが他球団では・・・。

加治屋:13年ドラ1も一軍では敗戦処理が関の山。そろそろ結果が欲しい・・・。

東浜:申し分なし!前半戦のエースとしてチームを牽引。チームでは数少ない完投能力も持つ。

岩嵜:素晴らしい働きだが疲労で失点するシーンもあり登板過多が心配。

寺原:5回までならそこそこゲームメークできるが中田以上に安定感は無い。

和田:CSには間に合うと信じているが、その時には万全の状態で。

大隣:抜群の投球術が持ち味だが身体がついてこなくなってきたか。復活を期待したいが・・・。

石川:新・育成の星。中継ぎに先発に、チームの穴を的確に埋めてくれた超新星。後半戦も期待。

武田:ようやく復帰したがもうしばらくかかりそう。チームが苦しい時期に救世主になって欲しい。

山田:2試合だけだが以前よりかは見れる投球になった。メンタル面はやや改善したか?

モイネロ:かなり想像以上!ただ若いので使い方には気を配って欲しいところ。

森:登板過多著しい中継ぎで彼のタフネスは頼りになる。怪我に気を付けて頑張って欲しい。

千賀:力はあるだけに、後半戦は彼の活躍が鍵を握る。ここから状態を上げていきたい。

飯田:嘉弥真・モイネロが力をつける中、若干影が薄くなりつつある。安定感を身に着けたい。

バンデンハーク:過去2年間よりは少し落ちるがQS9回は立派。高谷も復帰したので後半戦に期待。

高橋:高卒2年目、まだまだ育成の時。焦らずに力と技を磨いてくれれば。

岡本:首脳陣にはまだ信頼を得られていないようだが、仕事は果たしている。実績を積み重ねていきたい。

攝津:さすがに衰えが激しい。直球の球威とコントロールを取り戻せないと厳しい。

五十嵐:とうとう離脱してしまったが中継ぎをよく支えてくれた。彼がいなくなるのは痛い・・・。

嘉弥真:ワンポイントに火消しに頑張る便利屋。身体もだがメンタル面の疲弊も心配。

サファテ:最強守護神。リード時の9回に彼が出てくれば勝利は目前。後半戦もお願いします先生。

笠原:存在感は残せなかったが、経験を糧に今後の伸びに期待したい。将来は左の先発も。

松本:負け越してはいるが徐々に力をつけてきた。まだまだ伸びしろがありそう。

 

 

野手編:http://mgs-14.jugem.jp/?eid=411

| MAGAS | baseball | comments(0) | trackbacks(0) |
今オフの大補強を振り返る
今オフはホークスにしては珍しく大型補強に走りましたが・・・


〆拈遏弊症陝

これは妥当だと思う。
今季は打撃の田上、守備の山崎って感じだったけど、
一人で両方こなせる細川は間違いなく戦力。
盗塁阻止率の向上にも期待。


内川(横浜)

3割打者だけに打撃には期待が出来る。
ただし、守備面に大きな不安あり。
ライトは多村で確定として、
センターを任せるには若干不安。
ファーストには小久保がいる。
となると、やはりレフトが妥当か。


カブレラ(オリックス)

これは正直悩み所。
打撃力は申し分ないしパワーの割に確実性もある。
外国人枠からも外れている。
ただ・・・個人的にファーストは小久保以外考えられないので
DH起用に本人が了承するかが鍵。
そこがクリアできれば・・・まだ活躍できる余地はあると思う。


ぅ譽襦次淵▲好譽船奪ス3A)

最速156キロの直球と140キロ台の高速チェンジアップが武器(byスポニチ)
ホールトンの後釜候補と思われる28歳。
球速云々はともかく、問題は制球力でしょうね。
ファルケンボーグ並みのコントロールなら神でしょうが
かつてのカラスコレベルだったら目も当てられないww
環境面の変化を苦にしない精神面の強さも持ち合わせている。
とのことなので、日本野球にも是非適応してもらいたい。



CSでの大不振の煽りを受けて
野手の大型補強が目立ちましたが
自分は正直、先発投手が欲しいですね。特に右。
多田野とかお買い得だと思ったんだけどな(汗



野手の方はかなりの選手層ですが
ポジション被りがひどく、

ファースト→小久保、カブレラ、内川
レフト→オーティズ、松中、内川
サード→松田、オーティズ
あぶれた選手→DH

みたいなことになりそう・・・
層が厚いのはいいけど若手の入り込む余地が本当少ないですね。
あと、松中小久保の立場が本当に危ういです。
下手をすれば、この二人が代打要員になってしまいかねませんからね・・・



野手(特に中軸以降)は右ばっかり
先発投手は左ばっかり
中継ぎ陣は右ばっかり


こうしてみると随分偏りのある球団だ・・・orz



競争が激化するのはいいが
ここは敢えて生え抜きと若手の台頭に期待したいと思う。
| MAGAS | baseball | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょっとまて――――!!
今期は休講が多かったですねー。


休講と聞くと
(その時は)心躍るものですけれど、
結局、本当の意味での休日にはならないのが現実。

休みになった分夏休みが削られますしね・・・


というか、
今週の土曜日が代替日になったって聞いたんだけど
これどういう事!?
中実のみんなもぼやいてたけど・・・


俺もひとつぼやかせていただきたい!

だって、その日、


オールスター(第2戦)あるじゃん!!!!!

17時から中実だったら見れないじゃん!!


ふざけんなよ佐賀大学www



・・・風邪引こうかなwww
| MAGAS | baseball | comments(0) | trackbacks(0) |
野球
なんとなく野球のことを書いてみる


佐賀に来たことで
去年はホークス戦の中継を見る機会が
あきらかに増えた

それは喜ばしいことだ


だが・・・

テレビの野球中継はたいてい9時で終わってしまう。
その後はもっぱらラジオに切り替えるが・・・
できれば試合終了まで、あるいは
せめて10時までやってくれないかなぁ。

あと30分もすれば試合終わるんだからさ。


言ってみれば
クライマックスの直前で放送が終了する
ドラマみたいなもんですよ。
一番大事な、一番見たいところが見られないという

まあ確かにサッカーとかと比べて
試合時間は長いですけど。
地上波ではもう無理なのかね



その心配がないという意味で
土日のデイゲーム大好きwww



まぁなにはともあれ
今年もホークスを応援します
| MAGAS | baseball | comments(0) | trackbacks(0) |
なんとか・・・
勝ったみたいっすな、ホークスさん。

和田さんに続き絶賛絶不調中の馬原さんも炎上。西武帆足さんに軽〜くひねられ3連敗。
「らしさ」の見えない試合が続いていただけに、なんとか勝ててよかった。

しかもホールトン様8回1失点。
今季のホークスは彼と杉内様でもってるようなもんですよ。
(本音:他の先発陣、しっかりせい!特に渚!!

そしてオー様ことオーティズ選手がHR。
怪我してから振るわなかったけど一発出てよかった。
交流戦での勢いがハンパなかったからね。
こんな打つ外国人は本当に久々だ。

多村選手。
本当、「出れば打つ」という言葉がぴったりする。
怪我さえなければこんなに頼もしい人はいない。

あと今年は田上選手がすごかったな。
正捕手定着できたのも、あのパワーがあったから。
城島選手以来のチーム捕手20HR。
前から彼の思い切りのいい打撃は好きだったんだけど、あとはまあ・・・
守備がワンランク向上すればいいと思うんだけど。
そちらは来季以降に期待ですな。


もはやリーグ優勝への夢は遠いものに思えてきたけれど、
諦めることなんてない。ただ進むのみだ。
そして。
馬原さんはCSまでに、さっさと状態を立て直しなさい。
さもないと最悪、ベンチにも入れなくなっちゃうよ。
ファン一同、復活を期待して待ってるから。
| MAGAS | baseball | comments(0) | trackbacks(0) |
すげえいい気分だった
まーあれだけガンガン打っちゃうとね。

日本キラー、北京でも散々苦杯をなめたキム・グァンヒョン投手への大逆襲。相手にしてみたら、これは結構凹むんじゃないかな。

よかったね、イチロー選手。うちの父も心配してたよ(笑)しかしまあ、内川選手・村田選手の横浜コンビ。どちらもいいところで打ってくれて、あれで試合の流れをこちらに呼び込めた感じがしますね。リリーフで登場の渡辺投手&杉内投手も、ばっちり締めてくれました。試合としては理想的な形だったのではないでしょうか。

もう一枠は中国と韓国、どちらになるのでしょうね。大方の予想では韓国だろうとの見方が強いみたいですが、中国も第一回の時からすると随分とレベルが上がっており、番狂わせの可能性もあります。まあ、しかし韓国とはこれから何度も戦うことになる気がするんですよね・・・。二次ラウンドではアメリカやドミニカも出てくるのかな。やはり、ここからが正念場、でしょうね。


(追記)
テンプレ変えてみた。気分を変えて、ブルー系で。綺麗な
仕様が違うから、慣れるのに大変(笑)
| MAGAS | baseball | comments(0) | trackbacks(0) |
この方をお忘れではないかい?
昨日、一昨日と、オーストラリア戦を(きっちり録画しつつ)見ていたのですが・・・

メディアさんよ、この方をお忘れではないかな?
知らないとか言ったらぶっ殺すぞ

そう、ホークスの番・杉内俊哉投手

どうやらメジャー球にもアジャストしてたみたいですね、さすがのコントロールでした。
五者連続三振、いやお見事!痺れました!
正直、あなたのご活躍を見ながらニヤついてる自分がいました(やめんか)

合宿の頃から、それはまあ日本のエースやらなにやら言われてるあの2投手だとか、チームリーダーでもあるメジャーの安打製造機さんがやたらクローズアップされてたみたいですけどね。

もちろん凄い選手であるのは認めるところですけどね。
あまりそっちばっかじゃなくて、視野広げてみな?
いかんせん凄い選手ばっかのチーム、いろいろといいところが見つかるはずですよ。
まあ、これはあくまで練習試合でしかないわけですけどね。
でも、本番でもきっと、杉内さんはやってくれると私は思いますよ?
M坂やDビッシュがなんぼのもんじゃい!!

今ちょっとスポナビのほう見てきたんだけど、
特定の選手ばっかクローズアップしすぎ!(←よくぞ言ってくれた!私もそれを言いたい!!)とか、
何あの中継?前半録画で中盤端折って終盤ちょっとだけLIVE→すぐさいなら、って、なんじゃそりゃ?とか。(←それも思った。1試合目なんか酷かったなぁ、折角宗則様が出てたのに、背中しか映らなかったよ・・・イチローさんの凡打シーンがそんなに大切ですか?それってなんとなくだけど、本人にも失礼だと思う・・・)

TBSは最悪だ、とみんな言っていた。
やはり、じっくり見たい人はとっととCSとかJ-SPORTSとかに移るべきなのだろうか。
私も、正直TBSはもうたくさんだ、と思った。

あと。
城島さん結構頑張ってたなぁ。
一試合目の盗塁阻止。ヒューッ、やるぅ。
バッティングの調子も結構良さそうだし。
WBC終わったら、そのままホークスに帰ってこないかな

それから。
宗則さんももうちょっと使ってあげてね。
声出し係として送り出すほど秋山さんは馬鹿じゃないしね。
てかそんな事させんならさっさと返しとけよ。
と愚痴ってみる。
| MAGAS | baseball | comments(0) | trackbacks(0) |
負けたものの見事な試合!

今日は長崎期待の星・清峰の2回戦。相手が1回戦15点の東邦とあって、乱打戦を予想しましたが、東邦・下平投手と清峰・今村投手の投げ合いに。

下平くんは球速140Km/h近い速球(しかもコントロールも伸びもある)とシンカーが見事。ホークスの和田投手に似たタイプだな、と思いました。

今村くんはスピードボールに球威があり、スライダーも良かった。

試合は序盤からシーソーゲームとなり、取られたら取り返す展開に。しかし両者とも強風にも負けない堅実な守備が光り、1イニングに2点以上入れることができません。

結局スクイズで決勝点を失い惜敗しましたが、今大会で一番といってもいい好ゲームを見せてくれた清峰。私としても久方振りに見入ってしまいました。

清峰の皆さん、お疲れ様でした!
そして、また来年も甲子園を大いに盛り上げてくださいね!


(追記)
今炎天下のもとで白球を追いかけてる高校球児たちは、全員私より年下なんだな・・・。そうか、私もついにそんな歳になってしまったか・・・。私も老けたものだ。

今日はこの試合を見なきゃいけなかったんでできなかったが、明日はかつて学校帰りによくやっていたように街で買い物などしてくるかな。お菓子やら本やら、買いたいものはいろいろあるし。

| MAGAS | baseball | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/3PAGES / >>