Categories
Archives
Links
Others
rss
atom
みんなのブログポータル JUGEM
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
もはや年一更新になってないかこのブログ・・・?

最近こっちのブログは全然更新してないなぁと思っていたが、おいおい前回更新は2018年の1月ではないか。

しかもタイトルに「第1章」なんて銘打っておきながら1年以上更新なしだよ。第2章いつだよ。

三日坊主なんて話じゃねーぞ。

 

まぁあまりにも遅きに失しているので第1章で打ち切りENDということにして(誰も見ていないようなブログだし別にいいよね)現状どうなったか一言だけ書いておくと、

 

改善はした。完治はしていない。

 

とだけ、書いておく。

 

 

まぁ雑すぎるのでもうちょっとだけ書くと、今もステロイドは塗り続けている。保湿クリームも。

 

あのあと、ステロイドの強さと量を徐々に減らしながら経過観察。ある程度良くはなったのだがアトピー性皮膚炎は完全には無くならず、たまに少しだけ悪くなる(痒みが出る)ことがある。ごく小さな波の中で、良くなったり悪くなったりといった感じである。

ここ最近ちょっと悪化してきたので病院に行ったら、それまで使っていたものより1段階強いステロイドに切り替えるとのことだった。もともと小児アトピーを患っていた事もあり昔から割と敏感肌なほうなのかもしれないが、1年以上完治しないとは思わなかった。こんなものなのかもしれないが。

 

 

さて完全に見切り発車で思いついたことを適当に書いているだけの当記事だが、せっかくなのでこのブログがなぜ年一更新になってしまっているかを考えてみようと思う。

 

まず私、当JUGEMブログ以外にも以下のものを持っている。

 

・ホークスブログ

・ゲームの話を中心とするブログ

・Twitter

・Facebook

 

文字を書くのがメインのものだけで4つ持っている。

そのうちFacebookは全く更新していないため上の3つをメインに使っているが、ダントツで使用頻度が高いのはTwitterである。

140文字という制限が枷になることがたまにあるが、特に長文を書きたい場合でない時はこれで事足りる。

しかもサブ垢も持っていて、そっちは敢えてフォロワー0人のまま鍵垢にしてある。

私以外誰も見られない状況にして好き勝手言ってるわけだ。といってもそんなに過激な事は言ってないが。

 

さらに上記二つのブログはある程度「書くテーマが決まっている」ブログである。

といっても書くようなことが特にない場合は更新しないので、更新頻度はさほど高くは無い。ここよりはマシな程度だ。

 

Twitterのような吐き捨てではなく一つの「記事」にする以上、やっぱりそれなりの文字数は必要になるし、一つの「トピックス」としてある程度まとまりのあるものに仕上げなければならないので、ある程度時間をかけて書く必要があるがゆえに、やっぱり更新頻度はそれほど上がらないのが現状だ。

 

 

翻ってこのJUGEMブログを見てみると、どうだろうか。

 

まず、私は当ブログに関して、特に書くテーマを設定していない。

このブログは上記2つのブログやTwitterよりも先に始めたものであるが、もともと始めた理由が「何か文章を書きたくなった時に適当につらつら書き立てるための場所」を設立するためだった。たった今私がやっているように。

最初のほうなんか野球のことばっか書いてますしね・・・

 

なので、現状、当ブログを更新する目的としては、

 

「Twitterの140文字には収まらないぐらいの分量で、野球やゲーム以外の話題について長い文章を書きたくなった時」

となるわけだ。

 

 

まぁ、日頃生活していて140文字以上書きたくなる時なんてそう多くはないし、あったとしても複数ツイートにまたがって書いてもいいわけだし、上記の条件に該当するほどの「トピックス」と「執筆意欲」が揃っている状況は、私の中ではそう多くはない。と、そう分析できるわけだ。

 

ましてやこの記事に至ってはトピックスすらも無い、ただ「思うがままに書き連ねただけ」の中身の無い駄文でしかないわけだから、もはや更新したうちにすら入らないかもしれない。

 

一時期は「JUGEMブログのお題」とかをブログネタに使わせてもらってちょっと書いてた時もあったけれど、最近はまったく更新されていないっぽいしね。というか似たようなお題が出てたりしたこともあったり。

 

 

 

さて、書いているうちにほどよく「執筆欲」のようなものが満たされてきたので、着地点もなにもないままこの駄文を切り上げようと思う。1年ぶりの更新がこんな内容でいいのか俺。

 

とはいえ、今更このブログを何らかのテーマブログに改装するのもちょっと無理がある感じなので、また何か駄文を書きたくなったらまた来ます。1年後かもしれないけど。

| MAGAS | life | comments(0) | trackbacks(0) |
私とアクネ菌との10年戦争 第1章「診断」

前回記事にて、私は長年自分を苛み続けるアクネ菌に対して全面戦争を宣言した。

今回から、その戦いの過程をこの大仰なタイトルで書き記していきたいと思う。

 

 

2018年1月22日。

私は予定通り病院へ向かった。記念すべき開戦記念日である。

この日も全くの寝不足で顔はガビガビ、食事はおろか口を開けるのも一苦労である。

口の周りにオロナインを塗布し無理矢理口の可動域を広げてなんとか食事を済ませ、マスクを着用して病院へ。

 

 

午後の診療が始まったばかりにも関わらず盛況な院内。ここはお年寄りが多いが、学校でケガでもしたのだろう、

小学生くらいの子が先生に伴われて来院し、他の患者のおっちゃんに軽く話しかけられたりしている。

そんなのどかな空間も私にとっては忍耐である。

なにせ、そうやって待っている間もマスクの内側の皮膚は痛み、張りが増しているのだから。

 

 

30分くらい待ってようやく診察室へ。

見覚えのある担当医は、かつて私の右足親指の巻爪を綺麗に治してくれた人だ。

あのあと経過観察に行くのをすっぽかしてしまったけど、おかげさまで私の右足は今日も元気です。ありがとう。

 

マスクを取るなり言われた病名は、衝撃の事実を告げるものだった。

 

アトピー性皮膚炎。

 

確かに私は、幼少期小児アトピーを持っていた(小児喘息も)。

喘息は今では完全に治っているし(どこかに潜伏してるかもしれないが)アトピーもたまに手足などが痒くなる程度の名残しか残っていないはずだった。幼少期も主に掻き毟っていたのは手足である。

それが、まさかの顔面に。

 

 

これは私の個人的な考察であり医師の診断ではないのだが、おそらくこういうことではないかと推測している。

 

1)ニキビ自体は私の顔には元々存在した(と思う)。

2)それを治すため少し前からいろんなものを試すようになったが、方法が間違っていたか何かでニキビ治療には繋がってなかった。

3)そうやって試すうちに種類も量も増えていき、肌への刺激が増大した。

4)その結果、アレルギー反応が起きてしまった。

 

 

だとすれば、だ。

我ながら見事な悪循環である。なぜ気づけなかった。

 

 

とりあえずステロイドが入った軟膏をもらってきた。一週間後に経過観察だそうだ。

そういえばこれはステロイド入りなので、プロスポーツ選手が使ったらドーピングになるのだろうな。

プロスポーツ選手はアトピーにもなれないのか。厳しい世界だな。

 

 

どうでもいい脱線だった。

その後処方箋を持っていった調剤薬局でもまあまあ待たされたが(自分より後に来た人が先に呼ばれたのはイラッとした)、

そうしている間にも私の皮膚は悲鳴を上げ続けていたので(大半が待ち時間だったしな)

そのへんの公衆便所の個室を占拠して早速軟膏を塗ってみた。

 

本当は洗顔後が一番良いのだろうが今回は応急処置。とりあえず手だけは石鹸で綺麗にして、

塗って数分後。劇的な変化があった。

痛みと張りをガンガンに訴えていた顔面の皮膚が次第に大人しくなり、完全にではないが顔面の炎症が治まっていったのである。ステロイドすげえ。そりゃ筋肉も増えるわけだ

 

 

というわけで、私とアクネ菌の10年戦争の第一節は、敵方への意外なる援軍との戦いから幕を開けたようである。

まだまだ先は長いぞ。デュエルスタンバイ。

 

 

(おまけ)

そういえばアクネ菌対策にかまけて顔面スキンケア用品の戦力に乏しいと感じていた私は、

ドラッグストアに保湿クリームを求めに行った。

ついでにマスクも買い足した。上述のお医者さまには「家の中ではマスクは付けないほうがいい」と言われたが、元々私がマスクを付ける理由が「顔面が酷くて世間様に晒したくないから」なので、外出時専用装備として、である。

ついでなので「保湿ローション液配合」のものを買ってみた。

 

それらをレジで精算するとき、ちょっと意外なことがあった。

店員のお兄さんが保湿クリームを指して「この商品を使うのは初めてですか?」と。

 

で、保湿クリームに関しての説明を受ける。

全身に使えるもの(私が最初に持ってったのはこれ)、顔面専用のもの(ちょっと値が張る)、それらよりさらに上級のもの(より効果が高いが、かなり値が張る)の3種類があること。

まぁ、意地悪い見方をすればより高い物を買わせるセールストークなのかもしれないが、確かにこういったものの知識は男である私は乏しいので、ここでも専門家の知識にあやかることにした。

とはいえ、初めに勧められた一番上級のものは流石に予算オーバーのため丁重にお断りして、値段でいうと2番目の顔面専用クリームに替えてもらうことにした。

 

この店の名誉のために言っておくと、私は以前にこういう経験もしている。

私は頭痛持ちなので頭痛薬が手放せないが、それを買い足す時に店員さん(今回とは別の人)に

「成分が同じで値段が安く、量も多いジェネリック医薬品がありますよ」と。

なので何も「ボッタクリドラッグストア」ではないことを留意頂きたい。

まぁ良い物ほど高いのは確かだろうし。

 

 

 

 

今回の件で私が得るべき教訓は、

 

「勝手に自己判断するより、専門家に任せたほうが遥かに早い」

 

あたりまえのことだけど、全然できてなかったなぁ・・・反省。

| MAGAS | life | comments(0) | trackbacks(0) |
もう限界である。

突然更新したと思ったら、かなり後ろ向きなタイトルで申し訳ない。

 

限界と言ったのはニキビのこと。

 

 

もう何年も前から、ニキビには悩まされてきた。

その割には特に通院したりすることなくだましだましやっていたのだが、

流石に最近は肌の保湿にも気を使うようになってきていた。

 

 

これまでは、何とかそれで良かった。

顔は赤かったけれど、色んな市販品を試し、駆使しながら、どうにかこうにか乗り切っていた。

(いや、こんなになるまで放っておいてしまうあたりが、私の悪い所なのだが)

 

 

しかし、今年の冬に入ってから、状況は急激に悪化した。

 

 

乾燥しやすい冬はニキビにとっても辛い季節だが、これまでにないほど私の肌は荒れに荒れた。

塩分を含む温泉に入ってしまい、その塩分の湯が肌にしみてしまったこともあった。

戦域も拡大し、両頬は上から下まで、さらに顎、唇にまで奴らの侵攻を許してしまっている。

 

症状はもはや末期。

ほぼ赤ニキビ。口の周りと顎に至っては黄ニキビ。

皮膚の状態もガビガビである。

 

 

もはや一刻の猶予も許されない。

 

 

既に私生活に影響出まくりである。

乾燥と痒みで市販薬は手放せないし、唇への侵攻を許したせいで食事にも影響が。

顎周りが特にひどいので大口を開けると痛みが走ることがある。

そして一番最悪なのが、ここ数日ろくに眠れていないことだ。

 

周りにも心配と迷惑をかけるし、何より自分がもう辛くて仕方がない。

もはや何もかも完全に手遅れ、遅きに失するどころではない話だが、

ここまで私の顔を好き放題蹂躙しやがったアクネ菌の野郎に、私自身もう我慢の限界なのである。

 

 

覚悟を決めた。

次の月曜、恥を忍んで皮膚科へ行くことを決めた。

前に右足の巻爪を一発で解消してくれた形成外科が皮膚科もやっているので、そこに世話になるつもりだ。

なんだか結構腕が良さそうな感じだったので頼りにしたい。

覚えておけクソ忌々しいアクネ菌ども。

覚悟を決めたからには、一匹残らず駆逐してやる。

数年に渡り私を苦しめ続けた因果を断ち切り、私の顔が元の色を取り戻すまで、私は治療薬という矛と保湿液という盾を手に戦おう。

今に見ていろ。

 

 

失礼、中二病が過ぎました(笑)

 

 

ただその前に、明日の仕事を乗り切らねばならないのだが・・・

もはや人前に出るのさえ恥ずかしいほどおぞましいフェイスのため、明日はマスク着用で乗り切りたいw

 

 

もしなにかの巡り合わせで

ニキビに悩む方がこの文章を目にすることがあったなら、

あたりまえすぎることだけど一つだけアドバイスしたい。

「悪い事は言わないから、ひどくならないうちに病院に行ってください」

さもないと、私のようになりますよ・・・w

 

 

いつか、ニキビ治りました記念記事が書けるようにと願って・・・

| MAGAS | life | comments(0) | trackbacks(0) |
レジで精算するとき

Twitterだと字数制限で事細かく書けないからここで書くことにする。

 

まぁタイトルに書いた通り、「レジで精算する時に、素早く会計を済ませるためにやってること」を書いてみる。

 

 

(一応ショッピングセンター等で既にある程度客が並んでる状態を想定しているが、

コンビニなど自分の前の人がいない状況への対応法も一応書いてみる。)

 

 

1)順番待ち中

 

財布の中身を確認する。

小銭、特に十円・一円単位の小銭が何枚あるか確認。

余裕があれば、手持ちの小銭でどう払うかを頭の中でシミュレートしてみる。

ちょっとした頭の体操ついで。

 

 

2)前の人が精算中

 

ここで、レジ台にカゴを置きつつ、「レジ袋不要」のカードがあったら取る。

カゴの持ち手のところに挟んでおく。

以前店員さんがそうしていたのを見てからそのやり方にしてみたのだけれど、

店員さん的には、カゴの中に入れとくのとどっちが取りやすいのかな?

 

自分がカゴに入れた商品のおおよその金額(といっても千円単位くらい)を想定して、

その分の札をあらかじめ取り出して、財布を持つ左手の指に挟んでおく。

 

 

3)自分の番

 

店員さんが購入商品をレジで読み取っている時、

ディスプレイがある店舗ならそれを凝視しつつ、自分の想定より札が多く必要になる状況に備える。

最終的な合計額が出るまでには、出す札の種類と枚数は確定して準備しておきたい。でないとモタつく。

 

合計額が出たら小銭の在庫と照合して素早く出せるかどうかを判断。

枚数的には足りていても、それを全部取り出すのに時間がかかりそうと判断したら、札のみを出す。

一円単位、十円単位、百円単位の順に判定し、一円単位だけでも出せそうなら出す。

 

たまーに、札だけ先にトレイに置くと、こっちが小銭を取り出してる間に精算を始めちゃう店員さんがいるので、

基本的に私は、札は左手の指に挟んだまま、同じ手に持ってる財布から右手で小銭を取り出し、

小銭が揃ったら札→小銭の順に出しています。小銭の枚数が多い時はできるだけ相手に見えやすいように。

 

たまにバス代を現金で出す必要がある際に、車内で両替する手間を省くために敢えて端数を出さず、

お釣りで小銭を補給する手も使うけどw

 

 

(ちなみに)

待ち時間が無い(自分の前に精算してる人がいない)場合はいきなり3)からのスタートになるので、

店員さんが購入商品をレジで読み取っている間に素早く財布の中身確認をしなきゃいけません。

そういう時に自分の後ろに客が並んだりしたらモタモタできないので、

時間に余裕がある場合はレジに向かう前に中身チェックを済ませておくことも。

 

 

 

まぁこれはあくまで「自分はこうしている」っていうのを暇つぶしがてらに綴ってみただけで、

別にドヤ顔する気も他人に求めるつもりも一切ありませんので悪しからず。

人それぞれいろんなやり方があるでしょうけれど、

店員さんや他のお客さんに配慮しながら気持ちよく買い物したいですからね。

| MAGAS | life | comments(0) | trackbacks(0) |
酒嫌い人間のちょっとしたお話。
※以下のお話は、
酒というものがそもそもあまり好きではなく、1か月に1回飲めばいい方という下戸で酒嫌いな男による戯言です。
もしもお酒好きの方がこれをご覧になっていたならば、
今すぐ回れ右したほうが良いかもしれません(笑)





この時期は世間では飲み会が増える時期なんですかねぇ。
幸いにして私自身にはそういった予定はありませんが、私は正直酒も飲み会も苦手でして。
理由は大きく分けて4つ。


^めないから

そもそもの理由として私はお酒が苦手です。
発泡酒の350ml缶でも酔えるくらい弱いです。ロング缶を1缶飲み切った翌日二日酔いになったことがあるくらい弱いです。

そして一定量以上飲むと必ずといってよいほど頭痛がします。頭痛がはじまるとテンションが下がってきます。だから飲み会には頭痛薬を携帯して行くのですが、頭痛薬が効くまでの間、頭痛と戦いつつ周囲に気取られないよう振る舞わないといけないという謎の苦行が続くのです。

もともとが頭痛持ちで、飲酒時以外にも時々頭痛に悩まされているというのに、わざわざ酒を飲むことによって頭痛との戦闘回数を増やさなければならないというのは、自分にとっては疑問なのです。薬代もかかるし


△金がかかるから

一般的に飲み会は普通の飲食と比べてお金がかかります。
そして私は前述のように下戸かつ頭痛持ちのため少ししか飲めません。
さらに、飲み屋の食べ物って場所によっては本当につまみ程度の量しかなかったりします。
そりゃ勿論美味しいものも出てきますが、いかんせん酒メインの場なのでガッツリ食うことができない。
バイキングのように元を取るべく頑張ることもできない。

飲み会に行く前に、弁当食ってから出かけたことすらあります(笑)
飲むより食うほうが好きな私にとって、飲み屋という場所は嬉しい場所ではないのです。


時間がかかるから

1〜2時間程度飲み食いしてサクッと帰るぐらいだったらまぁ私も参加してもいいとは思います。
ただ、飲み会って絶対それだけで終わらないじゃないですか。
1次会だけで切り上げるにしても、なにかしら理由をつけて後腐れなく切り上げるのってなかなか面倒だし。

以前、一次会終了後に会社の人に両脇抱えられて二次会まで連行された事がありますw
本人たちは酒のノリのつもりでしょうけれど、私としては恐怖でしかなかったですよw 結構なお偉いさん二人だったしw
で、結局最終バス無くなりましたw



ぐめない人、飲み会嫌いな人への無理解

これは全ての人に当てはまるわけではないけれど、中にはお酒が飲めない人にお酒が強要するとか、付き合い悪いと言うとか、そこまで行かなくても「あれ、お酒進んでないね」って言ってくる人はよくいます。


お酒? 進んでますけど? 自分のペースで。


だって自分のペース守らないとすぐ寄って頭痛が始まりますから。
最初はある程度食べ物をお腹に入れておかないとすぐアルコールが回っちゃいますから。


それから。
飲み会好きの人で、飲み会嫌いの人の気持ちが理解できない人も、たまにいるようです。
参加しないと後でグチグチ言ってきたり、関係がギクシャクしたり、そんな例もあるようで。
「飲み会も仕事の一環」だとか「飲みニケーション」みたいな概念も、どうなのかなぁ、と。
曰く、酒の席でこそ話せることもある、とか。


正直、飲酒時は思考能力が低下しているので、口数はむしろ減るのです。
酔いや頭痛と戦ったりするのに忙しいですから(笑)
話ならお酒がなくともできます。むしろシラフの方が頭が働くので、シラフの方が良いくらいです。




以上の理由から、私は酒や飲み会が苦手なのです。
たまに気が向いた時に缶チューハイ1缶開ける程度でいいのです。どころかもう何か月も酒を口にしてません。
私にとって飲み会とは、
お金も時間もかかり思考能力も低下する上、明日に影響が出たりする(少なくとも疲労感が出る)
という、コスパ最悪な代物でしかないわけです。


なんかお酒全否定みたいな記事書いて 不快に思われた方もいるかもしれないけど、 こういう人もいるんですよーって参考までに。 でもお酒って適度に飲む分には身体に良いらしいですから、上手い事付き合っていきたいもんですね。 酒は飲んでも飲まれるな、用法用量を守って正しく飲みましょう。


(追記)
ってかなにこれ・・・
確認したら全然改行されてないし・・・
ブログでありながらEnterで改行しないってどういうことなんだ・・・
いちいちタグ書かなきゃいけないの?
どこがシンプルなエディタなんだ・・・前のやつのほうが良かったよ・・・
なんでどいつもこいつも勝手に改悪するかねぇ・・・望んでもないことを勝手にさ・・・(グチグチ)
| MAGAS | life | comments(0) | trackbacks(0) |
もし引っ越すとした場合の希望条件教えて下さい
もし引っ越すとした場合の希望条件教えて下さい

 とりあえず最重要視する条件としては・・・
/場から30分以内。
▲灰鵐咼砲肇后璽僉爾近い。
できるだけ安いと助かる。
ち音に悩まされない。

病院とか電気屋もあると助かる。
あとは、車や電車の音がうるさいとか、隣の部屋の音が響いてくる(こちらの生活音も隣に漏れちゃう)とかはキツイなぁ。


 そこそこ重視する条件は、
”呂トイレ別だとちょっといいかも。
虫が沸かない。特にG。
ネットが快適に使える。
な僂塀賛佑いない。
ゼ納が多い。

Gのほかにも蟻とか蜂とか実害がある連中も勘弁!


 なんかこんだけ列挙すると強欲な奴って思われそうだけど、前に7年一人暮らししてた家は上記のほとんどを満たしてました。たまにGに遭遇したり、隣人が宴会始めたり、暴走族が夜走り回ってたりはしましたがw
 最低条件さえ満たしていれば、案外住めば都ってもんですよ。すぐに自分の城になっちゃうもんです。
| MAGAS | life | comments(0) | trackbacks(0) |
久しぶりにちょっと語ってみる。
 出勤時に必ず通る道に小学校があるんだけど、そこに、「SNSは不要!」って書かれたノボリが立ってまして。
 あれを見る度に思うんですよね。


 それって、ただ単に臭いものに蓋してるだけじゃない?


 だって、学校側から各家庭に「携帯、SNS制限しましょう」なんて呼びかけたところで、結局は各家庭の判断に任せるだけで強制力なんてないわけだし、そもそも子供から携帯やSNS(ラインとかツイッターとかも含めて)を排除するなんて、無理というか限界がある。
 不要なんて言ったって意味はないと思うんですよね。かといって各家庭に委ねたところで、ちゃんと教えられる親がどれだけいるか・・・。


 結局、今の教育機関は今のネット情勢についていけてないから、子供が誤ったネットの使い方をしないように、正しい使い方やネチケットなんかを教える能力が足りてないんでしょう。
 で、教えられないから排除するしかなくて、でも排除なんてできようもなくて、その結果ネットの使い方を誤ったままの子供や、誤ったまま大人になっていった人たちが、店内での迷惑行為を写真付きでアップしたり、周囲の迷惑も考えず好き勝手騒いだり、ネットのあちらこちらで批判と称して暴言を書き連ねたりしてしまうのかもしれません。


 そこへ行くと私もネットマナーの講習なんか受けたことはありませんから、私はネットマナー完璧だなんて言える人間ではないし、ここに書き連ねていることも事実とは異なるかもしれない、私の単なる妄想や偏見の塊でしかない駄文であることも理解しています。

 でもね。

 人に対して平気で「◯ね」やら「◯えろ」なんて口が裂けても言えない人間ではあるつもりです。リアルでもネットでも。
 当たり前の、人間として最低限のレベルではあるとは思いますが。最近のネットマナーの凋落ぶりを見る限り、この最低限のレベルにすら達していない人が、なんと多いこと。
 それも年々レベルが落ちてってる気さえします。日本はいつからこうなってしまったんだと思う事も増えました。自分もそういったレベルに落ちぶれないよう気を付けなければ、とも思っています。


 例によって脱線が多い文章で申し訳ないのですが。
 あと数年もすれば、教育機関のネットマナーを教えるノウハウみたいなものが出来上がってきて、学校できちんと教えるのが一般的になるかもしれない。もうやってるところもあるかもしれない。
 少なくとも、排除するだけで済まそうとする学校が減ってくることには期待できるかもしれない。
 教育だけでなんとかなるとも思ってはいないけれど、さすがにもうそろそろ、日本人のネットマナーの凋落に歯止めをかけなきゃいけない時期にきているんじゃないかと思う。教育に携わっているわけでもなんでもない私が偉そうに語ってますが・・・w


 要点がわかりにくい文章になってしまったが、とりあえず・・・。
 安易に暴言や汚い言葉を書き込まないよう、気を付けてみて欲しい。
 まずはそれだけでも、少しはマシになると思う・・・。
| MAGAS | life | comments(0) | trackbacks(0) |
時短作戦
時短といっても野球の話ではありません。


バイトを終えて家まで何分で帰れるか

これすごく重要。


今日の帰宅タイム。

退社から52分。


…遅い。

遅すぎます。


試行錯誤してこれは無い。



毎日長い時間を仕事に取られてるわけですから、せめて会社を出たらなるべく早く帰りたいですよね。
バスの中なんかで無駄な時間を過ごしてやる気などないのです。


ところが我が街の帰りのバスは、私が会社を出てから二、三十分は来ません。
道が混んでいたらなおさら遅れます。


痛恨のタイムロス。


車で裏道通ってサクッと帰るのが一番早いですが、生憎そんな金は無い。
かといって渋滞を無視できる自転車では距離的に遠すぎるし、自宅周辺は坂が多くて使えない。なかなか不便な所にあるのです、私の家は。


そうなると最適解は、路面電車で少し移動して別のバス停に行き、別路線のバスを捕まえる…

料金はプラス90円で済みますが効果のほどは…正直、微妙。


頑張って原付買ってもいいけど速度の問題があるし…
結局、最適解が見つかりません。移動時間という人生のロスタイム、減らすにはやはり会社の近くに住むしかないのか。

…それもやっぱり金が掛かる、と。







結論。


世の中は金である。
| MAGAS | life | comments(0) | trackbacks(0) |
方言が好きな都道府県、教えて!
方言が好きな都道府県、教えて!


 糞無線LANの不調で書きかけの記事全ロストした。畜生め。


 生まれてからほとんどの人生を九州で過ごしているのでやっぱり九州の言葉は好きですね。でも、昨日、月曜から夜ふかしでもやってましたが同じ九州でもやっぱりちょっとずつ違いがあって、例えば長崎と佐賀のように隣同士でもちょっと違いがあったりします。話し手によってもクセとか方言の強さとかが変わってきたりしますけれど。
 佐賀の方とよくお話する機会がありましたが、その方がよく「そいぎ」と言っていたのが印象的でした。標準語で「それでは」とか「そしたら」とかそんな意味のようですが、その方の雰囲気もあってなんか和む感じでした。なんかちょっと気に入ってしまった佐賀弁です。



 以下、脱線兼愚痴(早)

 昨日導入した無線LANが全く安定せず、しょっちゅう接続が切れます。接続自体はできているけどウェブを開くと「このウェブページにアクセスできません」が頻発するパターンとか、気が付いたら接続そのものが勝手に切られていたりとか色々ですがこの記事を書き上げるまでにも何回も切れました。こっちの血管まで切れそうです。
 そもそも同じ2階の別室なのに無線LAN2台で中継してこの電波強度の弱さは一体なんなのか。5段階で良くて3、通常で1か2って。木造戸建ての同じ階なら届くんじゃないんかい。電気屋の薦めるままに購入したとはいえなんか騙されているような気さえしてしまう。
 誰かいつでもどこでも快適で簡単にネットに繋げるような素敵なシステムを開発してくれないものか。携帯みたいに。パソコン音痴には難しすぎるのよ色々と・・・。画期的なハイテク機械とかもいいけれど、やっぱりこういったものの方がわかりやすく生活を豊かにしてくれると思うのよね。頼みますわ偉い人。


(追記)
 よかった。今度は更新できた。念のため今度は全文コピーした上で投稿ボタンを押しましたが全ロストはマジパナイ。電波強度ばっか気になって全然落ち着かないんですよ全く。これから長文書く時は気を付けないとな。
| MAGAS | life | comments(0) | trackbacks(0) |
今狙ってる家電製品おしえて!
今狙ってる家電製品おしえて!


 新たに欲しい家電は特にないけど、強いて言うならパソコンのスペックもうちょっと上げたいかな・・・。
 前に使ってるパソコン壊しちゃって、お金もないのでできるだけ予算ケチって、オフィス込みで7万のノートをなんとか買ったけれど、お金に余裕ができたらもうちょいスペック上げたい。
 YouTubeやニコ動は普通に見られるけど時々重いし、マインテストにいろいろmodを入れてると動作が重くなったり止まったりする。せめてメモリだけでも増設したい。


 あとはDVDレコーダーのHDD残量のやりくりがかなり厳しいので、できればもう1個欲しい。余計な機能はいらないから画質と容量がいいやつ。まぁ、どっちにしたってお金ないので無理な話ですけど・・・。


 余談ですが、個人的に「あって良かった!」って思うものは、電気ケトル。
 実家ではポットのお湯が無くなるごとに母がやかんで水を沸かしてますが、これなら水入れてスイッチ押すだけ。ものぐさ一人暮らし人間にとってはかなり楽チンで、この子には大変助けられました。ガスも使わないから安全だしね。◯ィファールじゃないけどかなり使える子。
| MAGAS | life | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/21PAGES / >>